旅の深呼吸

皆さんこんにちは。GKT理事の宇野浩です。ご自宅で過ごす時間が増えていらっしゃると思いますが、今日は、一緒に旅した気分になっていただけたらと、私がずっと続けている「旅」について、少しお話したいと思います。

2006年から続けてきた全国の旅。思い立って40過ぎから大型バイクにまたがり、中年ライダー気取りで走破した距離は延べ2万キロに及びます。

東京から青森までの800キロ。連絡船で4時間、函館から稚内まで650キロを走行し、そして日本最北端の稚内宗谷岬をスタート地点として、順次北から南へ。そして、沖縄先島諸島、南波照間までを走り抜けました。

ただし、やみくもには走っている訳ではありません。ポケットには司馬遼太郎の紀行文集『街道をゆく』をしのばせながら、司馬が歩いた諸街道を、本に沿って忠実に足跡をたどっているのです。司馬が観た風景、司馬が出会った人々、泊まった宿屋泊まった部屋へ自分も訪ねて同じように寝てみます。司馬が見て感じ、伝えようとしたものはなんだったかを、その場で感じ取る旅にしたいのです。

私たちは日常生活の中で、特別意識せずに過ごしていること、身についていることがあります。たとえば、なぜある行為を「恥」だと感じるのか、「侘び」の心根はどこにあるのかなど。それを理解するヒントが『街道をゆく』にはあります。また、代々大切に守り受け継いできたこと、長くにわたり祈りを続けてきた場所、伝統として磨き伝えられてきた技なども多く紹介されています。『街道をゆく』の中にそのヒントが沢山見いだされます。一方地場では、歴史を作ってきた人々の心に触れることもできます。オホーツクモヨロ貝塚を発見した考古学者の米村喜男衛翁、探検家の最上徳内と松田伝十郎、思想家の秋田安藤昌益、東洋史学者の内藤湖南、民俗学者の菅江真澄や上勢頭亨(かみせど)など、それは綺羅星のごとくに尽きません。その大きな思想、知識が育まれた風土や土壌はどのような姿であったか、その原風景に立って思いを馳せるのが楽しみのひとつです。

また『街道をゆく』をたどることで、3つのキーワード、米・鉄・禅に行き当たります。この視点で読んでみると、司馬はキーワードから独自の視点で歴史・地理・人物について考察し、日本人の「元」、日本の「祖型」を3つの言葉から解き明かそうとしたのではないかと思うのです。

現代に生きる私たちが何故その様に振舞うのか、何故そう感じるのかなど、私も司馬のように「心のありか」を自分なりに感じ取ることをライフワークとして、今年もその先の『街道をゆく』たどる旅を続けています。

〔GKT 宇野浩〕

観空のすゝめ

皆さん、初めまして。日本ゲートキーパー協会TOKYOの中島崇と申します。今回のブログは僕が担当です。

相変わらず流行が続く新型コロナウイルスですが、テレビで見聞きする専門家の見通しは、短期での収束に悲観的です。長期戦になるだろうと聞くと不安も募りますし、気持ちも下がります。外出自粛で長く家に留まっていると、気持ちの落ち込みだけでなくストレスもたまります。そんな時、自宅の前や窓からでも簡単に出来るリフレッシュ方法を紹介したいと思います。

それは、「空を見る」です。皆さんの多くが日常的に空を見ているはずなので、当たり前すぎて「?」かもしれませんが、他のことをいったん止め、空を見上げ、その表情を観察するのがポイントです。 ちなみにタイトルの観空は僕が勝手につけました。

空の表情、それは自分のいる場所+太陽・月の位置+雲の組み合わせ等で決まり、今見上げている<この空>は一生で一度、絶対に二度と見ることが出来ません。一期一会、そう思うだけで、今この瞬間に見上げる空がちょっと特別な感じになりませんか?

しかし一期一会の特別感だけがおすすめの理由ではありません。空が見せる表情は実に豊かで、それがまたよいのです。日本晴れや曇天の日は、表情の変化が少ないのですが、雲がそこそこ浮かんでいる空は特によい出会いのチャンスです。例えば、何かに似ている雲を見ることもあります。下の写真(クリックすると大きく表示されます)は薄曇りの日、色の濃い雲が流れてきて、サンシャイン60の上をジャンプしているウサギのようになりました。こういう時は、何かちょっと得をした気持ちになります。

今まで見た空の中から、いくつか紹介させていただきます。これは元々夕日を眺めていたのですが、日が沈んでふと反対側を見たところ、暗くなった街は灯りがついているのに、東の空は一部の雲が昼間のように明るかったのです。仕組みは分からないのですが、沈んだ太陽の光が雲の上だけに当たっていたのかもしれません。昼と夜が同居しているような、珍しくて幻想的な空でした。 一方向だけでなく反対側も見てみるものだなぁと思いました。

次に、夏の空と言えば入道雲ですが、その表情も多様です。入道雲の醍醐味はモクモクの形と規模ですが、むくむくと成長するところを眺めるのも面白いのです。写っている飛行機が虫みたいで、入道雲の壮大さを感じます。

最後に、新宿で空を見上げると、建物の間に日暈(ひがさ)と呼ばれる雲が見えました。太陽光が氷の結晶で出来た雲を通り過ぎる時にこのような輪が見えるそうです。街中でも、このように興味深い空を見ることは出来ます。

みなさんも余裕があれば、いや、むしろ余裕がない時こそあえて少し時間をとり、空を観察して、気分転換をしてみてはいかがでしょう。毎回感動的な空に出会えるわけではありませんが、面白い表情を発見した時はちょっと嬉しくなるかもしれません。そして可能ならば写真を撮り、僕にも見せてください。

僕は空は大好きですので、機会があればまたブログで書かせていただきたいと思います。

最後にポイントのおさらいです。

    • 今やっていることを一旦止め空をじっくり観察(すぐに出来ます)
    • 見上げた空と反対方向も見てみる(逆を向くのもセットで)
    • 雲の形が何に似ているかを想像してみる(顔や動物が想像しやすいです)
    • 「○○のような空」と形容してみる(僕は表現力がないのでうまく出来ませんが)
    • 可能なら写真を撮り、シェアしてみる(facebookやinstagramで是非)

ゴールデンウィーク中も外出自粛は続きますが、お部屋の窓から、家の前から、また日用品の買い物時のちょっとした時間にでも、空を見上げてみてください。以上、観空のすゝめでした。

[GKT 中島崇]

#Stay Home #家にいよう #ウイルスの次に「アイツ」がやってくる

新型コロナウイルス感染症(以下、コロナウイルス)の感染拡大にともない不要の外出自粛が求められています。

その一方で、感染拡大を阻止する為に最前線で活躍する医療従事者の方々、小売業販売員の方々への心ない言動が問題となっています。

そのような中、日本赤十字社はコロナウイルスに関するアニメーション動画を公開しました。

【日本赤十字社】「ウイルスのつぎにやってくるもの」

コロナウイルスに対する恐怖が広がるにつれ、間違った情報が拡散し、新たな差別や偏見を生みだしている様子が描写がされています。

私たち一人ひとりが恐怖に支配されないように、お互いを助け合うことを意識すればこの「恐怖」に勝てるはずです。

このような時こそ、誰もが誰かのゲートキーパーになれるはず。

外出は自粛するよう呼び掛けられていますが、優しさに自粛は求められていません。離れて暮らす家族や友人、大切なあの人とゆったり過ごして今を楽しみましょう。

〔GKT 菅原玲子〕


出典: 新型コロナウイルス感染症に対する活動報告|日本赤十字社
http://campaign.jrc.or.jp/kansensho/

新型コロナ対策として子どもの側にいる大人ができること

画像:ぱくたそ元
花よりワンコのフリー素材
https://www.pakutaso.com/20120516152post-1529.html

毎日繰り返される新型コロナウイルスに関するニュース。長期化する対策の中、日常生活には大きな変化が生じています。そんな中、今までに経験したことのない新学期を迎えた子どもたち。子どもたちの心の疲れが心配です。

中には、不安定になったお子さんとどう接すれば良いのか、悩んでいらっしゃる方も多いと思います。

そこで、みなさんの参考になればと、ご紹介したい記事があります。

WHOから保護者に向けて「新型コロナウイルスから子どもの心を守る」が発信され、有志の医師、デザイナーの方々が翻訳してくださっているのです。

https://covid-19-act.jp/parenting-who/?fbclid=IwAR0acZl2MlmHJ1NQHirF0ZpJ1y6JxNQzJ8Qsxdno-QhNJ5rEDwVKCO02Rug

子どもだけではありません。私たち大人も不安ですよね。

大人の不安は子どもにも伝染していきます。
そして、その反応は大人が忘れた頃(乗り越えた頃)に現れることも少なくありません。

子どものためにとありますが、共にいる大人(あなた)のためにも安心安全な環境作りをしてみるのはいかがでしょうか?

私も子どもと一緒に一つずつやってみようと思います。

子供のために家庭ができることー参考情報として、公益財団法人日本小児科学会のホームページもご覧ください。

◇一般のみなさまへ(公益社団法人 日本小児科学会)
http://www.jpeds.or.jp/modules/general/index.php?content_id=1

◇普段と異なる状況下における子どもの安心・安全のために(公益社団法人 日本小児科学会)
http://www.jpeds.or.jp/modules/general/index.php?content_id=28

◇留守番をする子どもの安全をまもるためにできること(公益社団法人 日本小児科学会)
http://www.jpeds.or.jp/modules/general/index.php?content_id=29

地域で職場で学校で。だれもがだれかのほっとする存在になれるはず。
「生きる人を支援する人」

そう、みんながゲートキーパー!

〔GKT 武隈智美〕

ご聴取ありがとうございました

皆さんこんにちは。3月29日のニッポン放送ラジオ番組『ひだまりハウス』ご聴取ありがとうございました。

「ゲートキーパーとは?」
「誰でも誰かのゲートキーパーになれる」
「必要なのは最強の素人集団」

ナビゲートドクターの樋口輝彦先生、司会の町亞聖さんのリードで、設立までのこと、これから目指すところも含めてお話しさせて頂きました。

残念ながら新型コロナの影響で活動がままならず、今後の講座開催等の予定は未定ですが、私たちができることはたくさんあるはずです。

ゲートキーパーとは「生きる人を支援する人」。

こんな時だからこそ、みなさんお一人おひとりが、誰かの「ゲートキーパー」であることを誇りに、お互い心を寄せ合い気持ちを繋ぎましょう。

みんながゲートキーパー!

〔GKT 森本美花〕


2020年03月29日 | ウィークエンド・ケアタイム『ひだまりハウス』~うつ病・認知症について語ろう | ニッポン放送 ラジオAM1242+FM93

番組ホームページ
http://www.1242.com/program/hidamari/

番組のご視聴はこちらからどうぞ。
https://www.1242.com/hidamari/hidamari_blog/blog20200329-229797/

GKTがラジオ番組に出演します!

写真向かって右:樋口輝彦先生 中央:GKT森本美花 左:町亞聖さん

みなさんこんばんは。
3月は「自殺対策強化月間」です。

この度、ニッポン放送のラジオ番組で、僭越ながらGKT(日本ゲートキーパー協会TOKYO)の森本がゲスト出演しお話しさせていただくことになりました。

ゲートキーパーとは?
ゲートキーパー協会TOKYO(ならびにゲートキーパー協会)が目指しているゲートキーパー像とは?

悩んでいる人を孤立させない「生きる人を支援する人」それは、最強の素人であって欲しい。自殺対策にとどまらず、いじめや引きこもり、ハラスメント など、あらゆる社会問題を防ぐ鍵になるはず…そんな、思いを話してまいりました。

憧れの樋口輝彦先生はとても優しく紳士で、ナビゲートくださった町亞聖さんは場作りが素晴らしく、楽しく収録することができました。

早朝の番組ですが、聴いて頂けると嬉しいです。よろしくお願いいたします。

聞き逃してしまった方はradikoのタイムフリーにて聴くことができます。
※放送から過去1週間以内に限ります。

●番組
『ウィークエンド・ケアタイム ひだまりハウス』
毎週日曜 朝6時25分~6時54分放送
※うつ病と認知症の番組です。
https://www.1242.com/hidamari/

●放送日時
2020年3月29日(日)朝6:25~6:54

●パーソナリティー
ナビゲート・ドクター 樋口輝彦(ひぐちてるひこ)先生
https://www.jcptd.jp/greeting.html
司会進行 アナウンサー 町亞聖(まちあせい)さん
http://www.horipro.co.jp/machiasei/
ゲスト GKT 森本美花(もりもとみはな)

令和元年度「自殺対策強化月間」

3月は「自殺対策強化月間」です。

自殺対策強化月間ポスター
厚生労働省 令和元年度「自殺対策強化月間」ポスター

● 自殺対策強化月間について

自殺対策基本法では、例年、月別自殺者数の最も多い3月を「自殺対策強化月間」と定め、地方公共団体、関係団体等とも連携して「誰も自殺に追い込まれることのない社会」の実現に向け、相談事業及び啓発活動を実施しています。
※厚労省 令和元年度「自殺対策強化月間」より抜粋

もし、あなたが悩みを抱えていたら、もし、あなたの周りに悩みのある人がいたら、下記の相談先一覧から相談してみるのはいかがでしょうか。

相談先一覧

電話相談
SNS相談
支援情報検索サイト

各都道府県福祉保健局やみなさまのお住いの区役所や市役所でも困ったときの相談窓口を開設しております。ホームページの他にTwitterでも情報発信しておりますのでチェックしてみてください。


弊会ホームページのリンクもご活用ください。
個々の相談先や行政相談、そして、現在は新型コロナ情報等の情報をご紹介しております。

ゲートキーパー養成講座延期のお知らせ

写真向かって右:原(GKT理事) 中央:林 左:大久保

2/26のゲートキーパー養成講座は、出来る限りの対策を準備して開催の予定でしたが、昨今の状況を鑑み延期させて頂きました。楽しみにされていた皆さま、直前の延期にもかかわらず、ご快諾・ご協力ありがとうございました。

なお、今後の予定ですが3/11分を延期、4月以降の開催については3月末に改めてご案内いたします。

どうぞ、ご理解の程、よろしくお願い申し上げます。講師陣の写真を添えて。

ボランタリーフォーラムご参加ありがとうございました!

前段右: 中村監督 左: ナオトさん、後段 弊会: 森本・大久保、スタッフさん一同

2月7日から9日、3日間開催された「市民社会をつくるボランタリーフォーラムTOKYO2020(※)」延人数900人を超える皆様のご参加ありがとうございました!

ナオトひとりっきりポスター
2011年の福島原発事故直後に全町避難となり、無人地帯となった福島県双葉郡富岡町に残り、いきものたちと暮らす一人の男性を追ったドキュメンタリー。(2014年/配給:アルゴ・ピクチャーズ/98分)

弊会企画の分科会「映画『ナオトひとりっきり』上映&トークショー 〜福島・人と動物、僕らはまだここに生きているぞ!〜」にも、沢山のご参加ありがとうございました。

映画とあわせておふたりから伺った当時から現在、そして未来へ目を向けたお話。決して、メディアだけでは知り得ない「非日常」を「日常」として生きる福島を知ることができました。この貴重な経験を持って、一人ひとりが考え、一歩踏み出すきっかけとなれば嬉しいです。

※ 公式ホームページはこちらから
中村監督や著名人からのコメントも掲載されています。

    • 記憶が薄れてくる頃に大切な映画でした。
    • 福島で生きるとはこういうことか。言葉もありません。
    • 映画はもちろんですが、松村さんと中村さんのお話が聞けて良かったです。

その他、いただいた沢山のご感想は、ナオトさんと中村監督に間違いなく届けさせて頂きますね。

〔GKT 森本美花 大久保光男〕


※「市民社会をつくるボランタリーフォーラム2020TOKYO」とは、私たちの暮らしに関わるさまざまな社会問題に焦点をあて、それを共有し、私たち市民にできることを考えていくためのイベントとして、2004年から開催しています。フォーラムは毎年、参画した実行委員同士で問題意識を持ち寄り、丁寧に協議を重ね、今取り組みたい社会課題などを発信しています。(毎年2月頃に飯田橋の東京ボランティア・市民活動センターにて開催)

新しいファシリテーター登壇!

2-3月の入門編ファシリテーター
向かって右: 大久保 左: 林 東京ボランティア・市民活動センターにて撮影

1月に続き2月、3月もゲートキーパー養成講座(入門編)を開催いたします!

2月26日(水)は写真の向かって左側、林が務めます。あのイケメンは誰!なんて声がちらほら出てるとか…。

林は弊会理事の一員であり、うつ病患者の家族向けコミュニティサイトencourage運営する株式会社ベータトリップ の代表取締役です。患者さんやその家族、医療・産業保健分野の知識・経験を体系化し、より良いヘルスケアをデザインすることで社会に貢献する試みをしております。

2月26日(水)19:00~19:45の講座申込みはこちらからどうぞ!

続きまして写真向かって右側は大久保です。

初めてお会いした際に「Paul(ポール)です。」と爽やかに笑顔で言われたのが印象的でした。

映像制作のプロデューサー、ディレクターとしてキャリアを積み、2005年(株)ピュアハンドを設立。動画制作事業と並行してクリエイター企業の人事評価、研修制度のコンサルを務めております。2016年から3年間東日本大震災の復興促進のため岩手県陸前高田市の観光事業プロデュースを担当しました。
モットーは「人を愉しむ」。また、パリ市の標語「たゆたえども沈まず」に心惹かれる近頃とのこと。

3月11日(水)19:00~19:45の講座申込みはこちらからどうぞ!

皆様の参加お申込みをお待ちしております!